妊婦さんのことを考えて作られた愛され葉酸2つの効果とは?

愛され葉酸は、妊婦さんに必要な栄養素をぎゅっと凝縮したサプリメントです。

主成分は、厚生労働省も妊婦さんに対し積極的な摂取を推奨している葉酸。
葉酸はビタミンB群の仲間で、ほうれん草やブロッコリーなどに豊富に含まれています。

ですが葉酸は熱に弱いだけでなく、水でも溶けてしまうという性質を持っています。

妊娠中は特に栄養バランスに配慮している妊婦さんも多いかもしれませんが、きちんと食べているつもりでも、気づかないうちに葉酸不足になっている可能性も。

実はこの葉酸不足は赤ちゃんに悪影響を及ぼすケースもあるため、サプリメントなどで十分な量の葉酸を補う必要があるのです。

葉酸不足は、神経管閉鎖障害の原因になることがあります。
これは赤ちゃんがお母さんのお腹にいる時に発症する病気で、妊娠初期に起こる病気です。
赤ちゃんの体を形成するうえで、この妊娠初期の間は非常に重要な時期で、この時に赤ちゃんの脳などが形成されていきます。

ですが遺伝子に異常が起き脳や脊髄に深く関わっている神経管に障害が起こると、二分脊椎症や無脳症になってしまいます。
二分脊椎症は神経管の下部が害された場合に起こり、下半身の麻痺により歩行が困難になったり排泄障害などの症状が出るのが特徴です。

命に関わることはあまりありませんが、約50%ほどの確率で知的障害も伴います。
一方、神経管の上部が害されると無脳症になります。
無脳症はその名の通り脳に欠損がみられる病気で、死産する可能性が高いのが現状です。

無事に出産できても長くは生きられないので、残酷な病といってよいでしょう。

ですがこの神経管閉鎖障害は、葉酸を摂取することで防ぐこともできます。
葉酸はDNAの合成に欠かせない成分で、DNAの生成においてコピーミスが発生しそうになると、葉酸がそのコピーミスの修正のサポートをする効果もあるので、遺伝子のコピーミスを未然に防げるのです。

神経管閉鎖障害もこのコピーミスによって起こるため、妊娠中に葉酸を摂り正常なDNAの生成を促すことはとても大切です。

さらに愛され葉酸は、鉄分やカルシウムなども配合。
赤ちゃんだけでなく、ママの健康のサポートにも役立ちます。

また、愛され葉酸の口コミについては、こちらのサイトがとても参考になりました

葉酸サプリを摂っていない妊婦さんは要注意、葉酸不足です

 

妊婦さんが摂った方が良い栄養素、摂りすぎると危険な栄養素があり、意外と妊婦さんの栄養管理は複雑になっています。
母子手帳にも書かれていますが、葉酸は妊娠前から妊娠3か月位までは、不足しないようしっかり摂取する事が大切なんです。

では、葉酸の摂取量はどの位がいいのでしょうか?
厚生労働省が推奨しているのは、成人女性の1日に摂取する葉酸の量については240ugを、妊婦さんについては倍の480ugが推奨されています。
これは、食品からの摂取の推奨量で、妊婦さんについては、更にサプリメントから400ugの摂取を推奨しています。

つまり480ug+400ug=880ugという事です。

平成27年度の国民栄養調査の結果によると、成人女性の葉酸摂取量は平均299?ですから、妊婦さんでなければ十分ですが、妊婦さんとなるとかなり不足しているという事になりますね。

葉酸は主に野菜やレバーなどに多く含まれますが、通常の食生活では妊婦さんに必要な量が取れていないという事になっています。
まずは、どんな食品に葉酸が多く含まれているかを知り、積極的に葉酸の多い食品を食べる事が必要ですね。

葉酸を多く含む食品をいくつか挙げてみましょう。
100g中に多い順に並べて見ると、鶏レバー1,300ug、豚レバー1,100ug、牛レバー1,000ug、うなぎの肝380ug、うに360ug、枝豆260ug、モロヘイヤ250ug、芽キャベツ220ug、パセリ220ug、ホウレン草210ug、あさつき210ug、菜の花190ug、春菊190ug、アスパラガス180ugなどとなっています。

レバー類がダントツに多いので、レバーを食べればいいと思いがちですが、実はレバーにはビタミンAが多く含まれています。
レバーに含まれるビタミンAはレチノールと呼ばれ、妊婦さんが過剰摂取すると、胎児に奇形や先天性異常が出る確率が高まります。
また、パセリや一部のハーブは、子宮収縮を促し流産のリスクが高まりますので避けたいですね。

厚生労働省によると、野菜を1日350g食べると妊婦さんにも必要な葉酸量が摂取できる計算との事です。
食事の時は、野菜をいつもより多くとる事を心がけたいですね。
頑張って野菜をたくさん摂っても、葉酸は水に溶けやすく熱に弱いので、食事による葉酸の摂取では十分でない可能性もあります。

ですから、厚生労働省もサプリメントによる葉酸摂取を勧めています。
食事で葉酸の多い食品を摂る事も大切ですが、サプリメントによる葉酸摂取もきちんと行いたいですね。

妊娠してからでは遅い?妊活中からしっかり葉酸を摂るべき理由

妊娠中の方が葉酸を沢山必要な事は、母子手帳に書かれていたり芸能人のブログに書かれていたり、大分浸透しているのではないでしょうか。
もちろん妊娠に気が付いてから、葉酸が不足しないように沢山摂るようにするのでもいいのですが、実は妊娠前から葉酸を沢山摂取した方がいいんです。

妊活中から葉酸を摂るとなるとピンと来ないかも知れませんが、葉酸の働きを知れば妊活中から十分な摂取が必要だという事が分かるのです。
では、葉酸は体の中でどんな働きをするのでしょうか。

葉酸の大きな働きは2つあり、一つは赤血球を作り出すときに必要だという事です。

赤血球は毎日3,000~5,000個が寿命を迎えて壊され、同じ数だけ新しい赤血球が作られます。
そして女性の体は、排卵日の1週間ほど前から、受精卵の着床に向けて子宮内膜の厚みを増していきます。

子宮内膜はいわば赤ちゃんの布団、フワッフワにして置く事で着床しやすく、そして着床したら活発な細胞分裂に必要な栄養がしっかり摂れるよう栄養分をたっぷりと含ませておくんですね。
子宮内膜の厚さが6㎜以上あれば着床は可能ですが、通常は8㎜以上、10~15㎜程あれば着床率が高まると言われています。

生理が近くなると貧血気味になるなんて事はありませんか?生理前は子宮内膜を厚くする為に、沢山の血液が必要になるんです、造血作用を高め十分な厚みのある子宮内膜を作り出す為にも、葉酸は不可欠という事になりますね。
もう一つの葉酸の重要な働きはDNAを作る時に必要であるという事です。
DNAは全ての細胞に含まれ、体の設計図が書かれているんです。

私たちの体の細胞は毎日細胞分裂を繰り返し、毎日新たに5,000億個の細胞が作られているのです。
そして、妊娠したら、自分の細胞の他に赤ちゃんの細胞をものすごい勢いで作り出してゆく事になります。

妊活中でも着床して妊娠が分かるのは早くて2週間です。
生理が来なくてもしかして妊娠したのかも、と思ったら4~5週間は経っていますよね。
その間も赤ちゃんの細胞は活発な細胞分裂を繰り返し、その時期に葉酸が不足すると大変なことになってしまいますよね。

神経管閉鎖障害が発症するのは妊娠4~6週の頃と言われています。
しかし、その時期に葉酸を十分摂取していると、神経管閉鎖障害のリスクが70%以上減ることが分かっているんです。

ですから、妊娠したら葉酸を摂るよう気を付けるのではなく、赤ちゃんが欲しい赤ちゃんが出来てもいいと思っているなら、妊娠前から葉酸を十分とる必要があるという事です。

一日400μg!葉酸の吸収率が高まる効果的な摂取方法とは?

妊活中や妊娠中の女性はネットや口コミで『葉酸』という言葉をよく聞くのではないでしょうか?
葉酸は胎児の先天性奇形の予防や心臓病の予防効果があり、生まれてくる赤ちゃんにとって必要不可欠な栄養素とされており、主に妊娠前1ヶ月から妊娠3ヶ月ごろの妊娠初期に摂取することが大切と言われています。
それでは、どのように摂取していくことが効果的なのでしょうか?

葉酸を多く含む食べ物は?サプリを併用することが大切

ほうれん草・いちご・ブロッコリー・パセリ・えだまめ・アスパラガス・にんにくの芽(茎にんにく)・サニーレタス・春菊・とうもろこし・小松菜・白菜・アボカド・牛レバー・納豆・モロヘイヤ・焼き海苔・あおさ・ほたて・卵・バナナ・みかん・かぼちゃ・エリンギ・まいたけ・えのき 等葉酸を含む食材はたくさんあります。

普段の食事から摂取しやすい食材がそろってますね。
しかし、葉酸は水に溶けやすく熱に弱いため、調理によって失われる量が多い上に、体内での吸収率があまり高くないという特徴を持っています。
そこで、食品に比べ吸収率が高いサプリメントなど補助食品を利用することも考えてみましょう。

食事とサプリを上手に併用して、厚生労働省が推奨する摂取量(妊娠中の女性…一日400μg)を目指しましょう。

サプリを効果的に吸収する時間帯は『食間』

特別な表記がない限り、基本的にサプリはいつ飲んでも大丈夫ですが、特に効果的に吸収させたい場合は、お腹の中に何もない状態の空腹時に摂取するほうが吸収率が高まります。

また、葉酸は一度に多く摂取すると尿として排出されやすい性質を持っており、一度に一日分を摂取すると、その殆どが尿として排出されてしまうため、朝、昼の間に1回と昼と夜の間、寝る前等、数回に分けて摂取することで、体内に吸収され効果的に働いてくれます。

しかし、空腹時というのは胃液の分泌が少ないために、胃痛を引き起こすことがあります。
胃腸の弱い方は胃の負担を抑える為にも食後が良いでしょう。

お腹の赤ちゃんの成長のため、食事とサプリメントの両方から上手に葉酸を摂取してくださいね。

葉酸を摂るには、加熱の必要のない果物からとるのもお勧め

妊活中から妊娠3か月位までは、食品から480µg+サプリメントから400µgの葉酸の摂取が必要とされています。
食品から480µgと言われても、一体どのくらいの量でどのくらい食べれば必要量が取れるのかよく分かりませんよね。

 

今現在、葉酸の摂取量が足りているかどうかも分からない人が殆どでしょう。
2006年の横浜市立大学の調査によると、妊娠2カ月の葉酸摂取量は約275µgで、調査対象の90%以上が葉酸摂取量を下回っていたという事です。
では、不足分の200µgをどの様に増やしたらいいのでしょうか。

 

葉酸が多く含まれる食品は、レバー、野菜、果物、海藻類、豆類など色々ありますが、レバーはレチノールが豊富に含まれますので、出来れば避けた方がいいですね。
妊婦さんの場合、避けた方がいい食品もありますから、安全で葉酸を多く含む食品を挙げて見ましょう。

 

ホウレン草は100g中210µgの葉酸を含んでいます。
お浸し1人分で50gくらいですから、1日100g位は摂れそうですね。
βカロチンやルテイン、鉄分も含まれますので毎日でも食べたい食品です。

芽キャベツは100g中に220µg、出回るのは冬が多く、あまり購入した事がないという方も居るかもしれませんが、ビタミンCが豊富でサラダ、スープ、炒め物となんでも使い勝手がいい野菜です。

 

アスパラガスは100g中180µg、アスパラギン酸やカリウムが豊富で疲労回復効果が期待できます。
他には、ブロッコリー120µg、サニーレタス120?、モロヘイヤ250µg、オクラ110µg、切り干し大根99µg、キャベツ78µg、イチゴ90µg、マンゴー84µg、アボカド84µg、キウイ38µg、などとなっています。

枝豆や大豆も葉酸含有量が多いのですが、妊娠中は大豆に含まれるイソフラボンの摂取量は上限がありますので、普通に食べる分には問題ありませんが、葉酸が多いからと言って積極的に摂るのは控えた方がいいでしょう。

食事に中で野菜類を沢山摂るにも限度がありますね。

その点果物は、食事以外の時にも食べる事ができ、つわりで食欲がない時も果物なら食べられるという事も良くあります。
食事では葉酸の含む野菜を多くとることを意識しながら、果物をこまめに摂るようにするのも良いのではないでしょうか。

葉酸は多くても少なくても赤ちゃんのリスクにつながるってホント?

成人女性の葉酸摂取量の平均が推奨量240µgに達しているのに対して、妊婦さんの葉酸摂取量が明らかに不足していることから、厚生労働省は母子手帳に神経管閉鎖障害の発生リスク低減の為、葉酸の積極的な摂取を呼び掛けていますね。
葉酸不足を補うために、サプリメントなどでチョット多めに飲んでおこう、と思ってはいけません。

葉酸の過剰摂取にもリスクがあるんです。
受精卵が着床すると、その日から活発な細胞分裂をはじめ、0~3週で0.8~1.6㎜に成長します。
まだ人間の形にすらなっていませんが、臓器や四肢に成長する元は既に作られています。

4~7週には2.5~3㎜程になり、脳が急速に作られるのがこの時期なのですが、この頃に神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなると言われています。
原因は葉酸不足だけではありませんが、葉酸をしっかりと摂取する事で、神経管閉鎖障害の発症リスクは70%以上軽減する事が研究の結果わかっているんです。

神経管閉鎖障害の発症は1万人に5人位ですが、葉酸をしっかりと摂る事で予防効果が高いのですから、不足する事の無いようにきちんと摂取したいですね。
妊活中から妊娠3か月位までは、食品から480µgとサプリメントから400µgの合わせて880µgの葉酸を摂取する事が推奨されています。

元々葉酸は水溶性ですので、過剰に摂取しても体に残る事は無く、汗や尿として排出されてしまうと言われています。

しかし、1日に1000µg以上を摂取し続けた場合、葉酸過敏症を引き起こす可能性があり、食欲不振や吐き気、むくみ、不眠、発熱、蕁麻疹と言った症状が出る場合もあります。
オーストラリアでは、葉酸を摂取しすぎた赤ちゃんの喘息の確立が高くなるという報告もあります。

葉酸との関連性を詳しく調べる事はできませんが、葉酸が原因と思われる症状の報告があるので、摂取上限以上の葉酸を摂る事は避けた方がいいと言えますね。
妊娠時の葉酸摂取上限は1000µgで、サプリメントなどは1日分の摂取量を400µg以下に設定して作られていますので、用法用量を守って摂りましょう。

妊婦さんにとって大切な栄養素!葉酸の重要な2つの効果とは?! 

子供を授かることで、お腹の赤ちゃんにとってより良いものをと選びたいと思うようになりますよね。
特にお腹の赤ちゃんにとって、母親が口にするものが栄養源になるのでいろいろと気を使う必要があります。

実際に妊婦さんが摂取しておきたい栄養素として、葉酸という栄養素を耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。
特に葉酸を妊婦さん摂取する時期としては、妊娠初期に摂取することでそのさまざまな効果を期待することができます。

今回は、妊婦さんにとって大切な栄養素の葉酸の大きく分けて2つの効果についてご紹介します。

妊婦さんに大切な葉酸の働き

まず初めに一つ目ですが、お腹にいる胎児への効果です。
妊娠初期は、脳や脊髄などの体の中でも大切な神経系が形成されるとても大切な時期です。

脳は、体のさまざまな箇所に指令を出すいわば司令塔のような存在です。
その成長には、葉酸の栄養素が欠かすことができません。
また、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、先天異常である神経管閉鎖障害になる恐れがあります。

胎児がしっかりとお腹の中で成長するためにも、妊娠初期には葉酸を摂取するように心掛けることが大切です。

次に二つ目についてですが、母親への効果です。
妊娠初期は、何かと不安定な時期とも言えます。
葉酸を摂取することで、流産や死産のリスクを軽減させる効果を期待することができます。

また、妊娠中はお腹にいる胎児に栄養を送るために貧血になりやすい状態になってしまいます。
葉酸をしっかり摂取することで、貧血を予防することができます。
妊娠中は、何かと免疫力が低下しやすいのですが、葉酸を摂取することで免疫機能や消化機能を健康的な状態へと導いてくれる役割と持っています。

さらには、悪阻の症状を軽減させてくれたり、産後の母乳の出をよくしたり、産後のさまざまトラブルを防ぐ効果があります。

葉酸はお腹にいる胎児のため、または妊娠中の自分のためには欠かせない栄養素です。
お腹にいる胎児と自分自身の健康的な妊娠期間、そして出産を迎えるためにも葉酸の2つの効果を知って毎日の生活に積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。